こうほく区民施設協会 プライバシーポリシー≫
 
横浜七福神巡り
横浜七福神めぐりコース
横浜七福神めぐりコース

■福禄寿神 <興禅寺>
853年に創建され、本尊は十一面観音です。現在の本堂は1806年に建立されました。雅楽会が有名です。門前に芭蕉の句碑があります。稲毛七薬師の6番札所でもあります。福禄寿神は福徳の守護神といわれています。
■寿老神 <金蔵寺>
貞観年間(859~877年)に創建され、本尊は智証大師円珍作と伝えられる大聖不動明王です。境内には徳川家由来の大梵鐘、キリシタン灯龍、横綱武蔵山遺愛の松などがあります。寿老神は長寿の守護神といわれています。
■布袋尊 <東照寺>
1649年に創建されました。本尊は薬師如来座像で、都筑橘樹十二薬師の11番札所であり、12年に一度、寅年にご開帳があります。坐禅会が盛ん です。布袋尊を祈念すれば忍耐強くなり信望が得られるといわれています。
■恵比寿大神 <西方寺>
1195年鎌倉に創建された寺で、1495年に現在地に移ってきました。本尊は阿弥陀如来坐像。国や県の重要文化財、市の指定文化財などを多数所 蔵しています。恵比寿大神は航海や漁業商売の守護神といわれています。
■毘沙門天王 <蓮勝寺>
1315年に開山したとされ、山号の「菊名山」が菊名の地名の由来となったともいわれています。本尊は阿弥陀如来像。毘沙門天王像は鎌倉時代の仏 師運慶の作とも伝えられています。毘沙門天王は財宝と厄除けの守護神といわれています。
■大黒天 <正覚院>
1573年に創建されました。現在の本堂は1961年の建立で、それ以前はかやぶきでした。境内の裏山には金子出雲守の出城(篠原城)跡がありま す。大黒天は福徳円満の守護神といわれています。
■弁財天 <菊名池弁財天>
菊名池は湧水池で、かつてはプールの辺りまでを含む大きな池でした。平安時代より灌漑用水として大切にされてきました。池には龍神が住むという伝 説があります。弁財天は交通安全・商売繁盛の守護神といわれています。
印刷はこちら
adobe reader ※閲覧にはAdobe Readerが必要です。

HOME協会について施設紹介求人情報横浜七福神巡りわがまち港北プライバシーポリシー
 このサイト掲載内容には著作権が存在し、無断での転載・転用・複製及びまたは加工は禁止いたします。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。
〒222-0011 横浜市港北区菊名6-18-10菊名地区センター内
TEL:045-435-2651 / FAX:045-434-6402

Copyright (c) Kouhokuku_Kuminriyoushisetsukyoukai All Rights Reserved.